【貿易担当者必見】知らなきゃヤバい?貿易の基本用語集

 

目次

    貿易において基本的な用語の理解は、円滑な取引や業務遂行に欠かせません。この記事では、輸出・輸入業務において頻繁に使われる貿易用語を簡単にご紹介し、貿易ビジネスで成功するための基本知識を身につけるお手伝いをいたします。

    貿易の基本用語は、貿易に関わる契約や書類作成、銀行や物流業者とのコミュニケーションにおいて重要です。また、実際の貿易において、リスクや費用の分担を明確にすることで、円滑な取引を実現し業務効率を向上させることが可能です。

    本記事を参考に、貿易業務における基本用語をマスターし、効率的かつスムーズな取引を目指しましょう。

    基本的な貿易用語

    近年、急成長を遂げている国際取引の世界では、多くの企業が関わることになります。その為、貿易用語の基本を把握することは非常に重要です。

    貿易には輸出・輸入があり、それぞれの取引に特有の用語や条件が存在します。これらの用語を理解することで、円滑な取引が行えるようになります。

    輸出・輸入業務で頻繁に使われる専門用語 

    ・関税:輸入品に課せられる税金で、国内産業の保護が目的

    ・保証:代金支払いや品質に対する信用を確保するための仕組み

    ・通関:貨物が国境を越える際に従う手続きで、輸出入業務において重要

    インコタームズ

    ・FOB(Free On Board):貨物を指定された港の船に積み込む責任と費用は輸出者が負担し、輸出国の港でリスクが輸入者に移ることを示す

    ・CIF(Cost, Insurance, and Freight):輸出国の港でリスクが輸入者に移るが、貨物の輸送費用や保険料を含めた代金は輸出者が負担することを示す

    ・CFR(Cost and Freight):輸出国の港でリスクが輸入者に移るが、貨物の輸送費用は輸出者が負担することを示す(保険料は含まれていない条件)

    貿易取引のプロセスごとに押さえておきたい用語

    貿易取引においては、プロセスごとに様々な用語が存在します。これらの用語を理解することで、取引をスムーズに進められます。

    商談段階

    ・輸出:国外へ商品を送ること

    ・輸入:他国から商品を受け取ること

    ・インコタームズ:取引条件を明確にし、買い手と売り手の責任範囲を示す国際ルール

    貿易書類の作成

    ・運送状:貨物運送に関する契約書

    ・請求書:買い手に請求するための書類

    ・証拠書類:取引の証拠を示す書類、関税支払い時に必要

    通関手続き・関税制度

    ・HSコード:商品の分類を表す国際的なコード

    ・関税率:輸入商品に適用される税率

    ・税関:通関手続きを行う国の機関

    ・納税証明書:関税の支払いを証明する書類

    ・輸入通関:輸入品が国内に持ち込まれる際に必要な手続き

    代金決済・銀行業務

    ・L/C(信用状): 取引業者が銀行を通じて信用を保証する手段

    ・送金:銀行を介して資金を移動させる手続き

    ・FX(外国為替): 通貨の換算や決済に関する手続き

    貿易関連の法律・制度・組織について押さえておきたい用語

    貿易保護策・貿易自由化

    貿易保護策とは、国内産業を守るために輸入品に対して関税や規制を行う政策です。貿易自由化はその逆で、貿易障壁を撤廃し、自由な貿易を促進する政策です。

    ・保護貿易:国内産業の保護を目的とした貿易政策

    ・関税障壁:輸入品に関税を課すことで国内産業を保護する手法

    ・非関税障壁:関税ではない形(規制や検査)で輸入品の流通を制限する手法

    機関・協定

    ・日本貿易振興機構(JETRO):輸出入企業の支援、情報提供、イベント開催、調査・研究などを行う組織

    ・IMF(国際通貨基金):各国の通貨・為替政策や経済危機対策の支援を行う組織

    ・世界銀行:開発途上国への金融支援や技術支援、調査・研究を行う国際組織

    ・WTO(世界貿易機関): 国際貿易のルール作りや紛争解決を行う国際機関

    ・FTA(自由貿易協定): 加盟国間の貿易障壁を撤廃する協定

    ・EPA(経済連携協定): 貿易及び投資を促進する協定

    まとめ

    貿易用語の理解は、国際ビジネスにおいて非常に重要です。国際協定・条約や貿易関連の国内・国際機関の用語をマスターすることで、ビジネスの幅が広がり、よりスムーズな取引が可能となります。

    今後は、これらの用語を活用し、国際ビジネスにおける成功を目指しましょう。さらに詳しく学びたい方は、関連書籍やウェブサイトでの情報収集をおすすめいたします。

    貿易を始めるなら『デジトラッド』

    STANDAGEは独自の貿易クラウドサービスを使い、中小企業の貿易を”まるなげ”できるサービスである『デジトラッド』を提供しています。

    デジトラッド』はIT導入補助金の適用により、低コストでの海外販路開拓が可能です。大手商社ではなしえない小規模小額の貿易や、国内買取対応も可能なので、是非一度お気軽にお問い合わせください。

    カテゴリ:

    伊藤忠商事出身の貿易のエキスパートが設立したデジタル商社STANDAGEの編集部です。貿易を始める・持続させる上で役立つ知識をお伝えします。