ハンドメイドを海外販売する前に知っておくべきこと

 

目次

    ハンドメイド商品の海外販売は、国内市場の拡大だけでなく、世界中の顧客に自分の作品を提供するチャンスを広げます。海外販売の方法として、オンラインショップやSNSを活用し、無料で登録できるサービスやECサイトを利用することが可能です。また、発送や取引についても、運営側がサポートを提供している場合が多く、ビジネスを始めやすい環境が整っています。

    しかし、注意点として、配送や手数料、通貨決済に関するデメリットも存在するため、事前に確認が必要です。本記事では、ハンドメイド商品の海外販売におけるメリット・デメリット、おすすめの方法、注意点などを解説していきます。

    ハンドメイド作品を海外で販売するメリット

    ハンドメイド作品を海外に販売することで生まれる魅力は非常に多くあります。まず、国内市場よりも広い市場での販売が可能となり、自分の作品により多くの人々に出会ってもらえるチャンスが広がります。

    また、異なる文化や価値観の中で育まれた、グローバルな顧客層にアプローチすることができます。さらに、海外での人気を国内のマーケットにも活かすことができ、日本でのブランドイメージを向上させることが期待できます。

    ①国内市場より大きな可能性

    ハンドメイド作品を海外に販売することで、国内市場という限定された層だけでなく、世界中の多くの人々と出会うことができます。

    海外市場は、規模や多様性が国内市場よりもあり、異なる国々の人々に自分の作品を見てもらえる機会が増えます。これがまさに売上向上や新たなファン獲得につながります。

    ②グローバルな顧客層との出会い

    海外販売を行うことで、グローバルな顧客層に自分の作品をアピールすることができます。異なる文化や価値観を持った人々からのフィードバックや評価を得ることができ、自身の作品をさらに高めるインスピレーションを受けることができます。

    また、多様な顧客層に向けた商品展開も検討することができ、新たなビジネスチャンスの創出につながるでしょう。

    ③ブランドイメージの向上

    ハンドメイド作品が海外で注目されることは、国内でのブランドイメージ向上にもつながります。

    海外の評価や人気が高まると、国内の消費者にも注目されるようになることが多く、海外で得た評価を国内市場にも活かすことができます。これにより、国内外でのビジネス拡大が期待できるでしょう。

    ハンドメイド作品を海外で販売するデメリット

    ハンドメイド作品の海外販売は、日本国内の市場だけでなく世界中のお客様と取引することが可能になりますが、それに伴うリスクも存在します。ここでは、海外販売のデメリットについて詳しく解説します。

    ①為替レート

    ハンドメイド商品を海外販売する際には、為替レートの危険性に注意が必要です。国内での販売と異なり、海外販売では通貨の変動が利益に影響を与える場合があります。具体的には、以下の点に注意しましょう。

     

    Ⅰ. 商品価格設定:為替レートの変動によって商品価格が高くなりすぎるか逆に利益が出なくなる可能性があるため、適切な価格設定が重要

    Ⅱ. 配送費用:海外発送にかかる送料も為替レートに影響を受ける場合がある

    Ⅲ. 決済サービス:海外顧客からの購入代金を日本円に換算する際にも為替レートが適用される

     

    これらの点を考慮して、海外販売のメリットとデメリットを把握し、適切な戦略を立ててビジネスを展開していくことが重要です。また、為替リスクを軽減する方法として、複数通貨に対応した決済サービスや適切な価格設定の工夫を活用することもおすすめです。

    ②言語や文化の壁

    言語や文化の壁が海外販売のデメリットとなります。例えば、商品説明や販売ページの英語対応が必要になりますが、誤った表現や不適切な言葉を使ってしまうと、トラブルが起こる可能性があります。

    また、商品が異文化へどの程度受け入れられるか、細かな市場調査が求められる場合もあります。

    ③配送や通関手続き

    最後に、配送や通関手続きも海外販売のデメリットです。国内販売と比較して、配送費用が高くなることが多く、それに伴い、商品価格も上がってしまう可能性があります。

    また、通関手続きには時間がかかるため、お客様の待ち時間も長くなってしまうことがデメリットとなります。

    おすすめの販売方法

    海外市場でのハンドメイド商品販売には、いくつかの準備が必要です。まず、国内での販売実績があることが好ましいですが、無い場合でも問題ありません。次に、ビジネス用のSNSアカウントの開設やウェブサイトの構築を行いましょう。その際、英語対応が可能なデザインや説明文があると、多くの顧客に商品をアピールできます。

    おすすめの販売サイト

    おすすめの販売サイトは、Etsy、Pinkoi、Creema、minneなどがあります。これらのサイトは、日本国内外で人気があり、多くの作家や購入者が利用しています。なお、無料で登録できるサイトや、有料で利用できるサービスもあるため、自分に合ったプランを選びましょう。

    また、配送業者との取引や発送方法の選定も重要です。海外向けの配送には、メリットとデメリットがあります。メリットとしては、多くの国への配送が可能で、コストを抑えられることが挙げられます。デメリットとしては、配送時間が長くなる場合や、トラブルが発生しやすい点です。適切な配送業者を選び、安心できるサービスを利用しましょう。

    EtsyやPinkoiといった人気販売サイト

    EtsyやPinkoiは、世界中で人気のハンドメイド販売サイトです。これらのサイトに出品することで、海外の顧客に自分の商品を広めるチャンスが広がります。

    それぞれのサイトには、特徴やサービスが異なりますので、自分のニーズに合ったサイトを選定しましょう。手数料や月額料金設定など、費用面でも比較検討することが重要です。

    ソーシャルメディアの活用

    ソーシャルメディアの活用は、海外販売において非常に重要です。FacebookやInstagramなどのSNSを活用することで、商品の魅力を伝えるだけでなく、顧客とのコミュニケーションも円滑に行うことができます。

    定期的な商品の投稿やイベント情報の告知も、集客力アップに繋がります。多くのフォロワーを獲得し、ハンドメイド商品の海外販売を成功させましょう。

    海外販売で意識すべきポイント

    海外販売の成功事例を分析することで、重要なポイントや戦略が明確になります。以下のポイントを押さえることで、海外販売において成功する可能性が高まります。

    ①デザインと価格設定

    デザインや価格設定においては、ターゲット市場や消費者のニーズを考慮することが重要です。海外市場に合ったデザインや価格設定を行い、競合との差別化を図ることで、購入意欲を高めることができます。

    また、効果的なプロモーションやセールス戦略の実施も成功のカギとなります。

    ②コミュニケーション力とリピーター獲得策

    海外販売では、言語や文化の違いを考慮したコミュニケーションが求められます。顧客サポートやSNSを活用し、顧客とのコミュニケーションを円滑に進めることが大切です。

    また、リピーター獲得策として、顧客にメリットを提供するポイント制度やクーポンの提供なども有効です。

    ③定期的な商品更新とイベント参加

    定期的な商品更新や海外のイベント参加は、顧客の関心を持続的に引きつけるために欠かせません。新商品の発表や季節ごとの限定商品などで、顧客に魅力を提供します。

    また、海外のイベントに参加することで、ブランドの知名度向上や市場での存在感を高めることができます。

    海外販売を始める前の注意点

    海外販売を始める前に押さえておきたい注意点がいくつかあります。まず何よりも、海外の法律や規制を理解し、遵守することが重要です。各国によって法律が異なるため、商品やサービスが適用される法令に適切に対応する必要があります。

    ①トラブル時の対応や返品ポリシー

    トラブル時の対応や返品ポリシーは、海外販売で非常に重要な要素です。まず、迅速かつ適切なカスタマーサポート体制を整えましょう。顧客の問い合わせに迅速に対応することで、信頼性が高まります

    また、返品ポリシーを明確にして、顧客が安心して購入できる環境を作ります。返品条件や手続き方法を明確に記載し、顧客にわかりやすく伝えることが重要です。

    ②海外向けの商品パッケージやプレゼンテーション

    海外向けの商品パッケージやプレゼンテーションも重要な要素です。まず、商品パッケージには、対象国の言語での説明や成分表記を記載することが求められます。

    また、文化や習慣に合ったデザインやカラーを使用しましょう。プレゼンテーションにおいては、商品の魅力を引き出す写真や説明文を工夫し、対象国の顧客が理解しやすい形で伝えることが大切です。

    ③支払い方法や配送オプションの選択

    海外販売では、支払い方法や配送オプションの選択も考慮すべきポイントです。各国によって一般的な支払い方法が異なるため、対象国の顧客が利用しやすい決済手段を提供しましょう。

    また、配送オプションについても、追跡可能な方法や迅速な配送を選択することで、顧客満足度を高めることができます。

    まとめ

    海外販売を成功させるためには、注意点を押さえながら適切な準備を行うことが重要です。法律や規制の遵守、市場ニーズの把握、言語や文化の違いへの対応、税関手続きや輸入規制への対策、リスク管理の仕組み構築がポイントです。

    また、トラブル対応、返品ポリシー、商品パッケージ、プレゼンテーション、支払い方法や配送オプションの選択も重要な要素です。

    今後の展望として、さらなる市場拡大や新たなビジネスチャンスを追求するため、前述のポイントを活用して海外販売の成功を目指しましょう。

    最後に、この記事を参考にして、次のアクションに取り組むことで、あなたの海外販売が成功することを願っています。

    ハンドメイド作品を輸出するなら『デジトラッド』

    STANDAGEは独自の貿易クラウドサービスを使い、中小企業の貿易を”まるなげ”できるサービスである『デジトラッド』を提供しています。

    デジトラッド』はIT導入補助金の適用により、低コストでの海外販路開拓が可能です。大手商社ではなしえない小規模小額の貿易や、国内買取対応も可能なので、是非一度お気軽にお問い合わせください。

    カテゴリ:

    伊藤忠商事出身の貿易のエキスパートが設立したデジタル商社STANDAGEの編集部です。貿易を始める・持続させる上で役立つ知識をお伝えします。